お問い合わせ・資料請求

よくあるご質問

調達(レンタル・リース、機器の調達方法など)

DRSのレンタルの特徴を教えてください。
在庫品ではなく、お客様ご希望の機器を新規に購入し、比較的長期間(1年~)賃貸するものです。
お客様のご要望に合わせ、
  1. 期間の設定、
  2. レンタル物件の選択(売主の指定も可)、
  3. 保守・運用などをカスタマイズしてご提供します。
DRSのレンタルのメリットはなんですか?
  1. 1年以上の任意の期間で、パソコン導入費用を経費化できます。
  2. レンタル契約に初期導入費用(キッティング)、期間中の保守費や返却費用などを含めることができ、PC導入、運用費用を可視化できます。
  3. 既存のご導入先(SI業者、保守業者、販社)を変更せずにご契約することも可能です。
  4. DRSに調達をお任せいただければ、機種選定や価格比較の手間と時間を軽減できます。またDRS推奨機種からお選びいただくと、大量一括購入によるスケールメリットを活かし、1台からでも低価格でご利用いただけます。
DRSのレンタル対象となる機器は?
各メーカーから提供されております、サーバー、パソコンと周辺機器、ネットワーク機器が対象となります。
ソフトウェアのレンタルはできません。プリインストールモデルなど、ハードとソフトが不可分になっているものは、レンタル可能です。
既存IT資産のレンタルバック取引はできますか?
管理事務の省力化・合理化を目的としたレンタルバックであれば可能です。
詳しくはDRS営業担当にご相談ください。
ソフトウェアもレンタルできますか?
税務上や著作権などの問題により、ソフトウェアのレンタルはできないとお考えください。
なお、DRSではソフトウェアをリース契約でお取り扱いしております。
使用期間が同じリースとレンタルでは、月額料金はどちらが安いですか?
対象物件と契約期間によっては、レンタルの方が安くなる場合がございます。
当初契約期間よりも短い期間でレンタル物件を返却することはできますか?
「調整金」をお支払いいただくことにより、レンタル契約を任意の時点で終了することができます。
レンタル期間終了後の物件を購入することはできますか?
できます。販売価格は、時価(レンタル終了時点における、当該物件の中古市場での価格)をベースとしてご提示します。
レンタルの延長はリースと同様に「年単位」となりますか?
レンタルの延長は、「月単位(月額請求)」と「年単位(年額請求)」からお選びいただけます。年単位の延長には、割引料金が適用される場合がございますので、詳しくはDRS営業担当にお問い合わせください。
代替機などのサービスをつけたレンタル契約が延長となった場合、サービスも継続されますか?
継続されます。ただし、代替機サービス、予備機サービス、センドバック修理サービスは、ご契約時から最長5年の期限がございます。また、オンサイト修理サービスは、各メーカーの規定によります。
レンタルの会計・税務処理はリースと異なりますか?

レンタルとリースの比較表をご用意しておりますので、そちらをご覧ください。

レンタル・リース・購入の比較

導入(キッティング、配送・設置など)

納品前の機器にソフトウェアをインストールする作業は依頼できますか?
ソフトウェアインストールなどの個別設定作業(キッティング)を承っております。
詳細は個別設定作業をご覧ください。
キッティングが可能な機器はどのようなものですか?
PCのキッティングをメインにしております。
その他の機器については対応の可否がございますので、事前にご相談ください。
DRSにキッティングを依頼できるのは、DRSの調達ルートから導入する場合のみですか?
いいえ。お客様ご指定のメーカー・販売会社から導入する場合でも、キッティングは可能です。
導入する機器の納品先として、海外の拠点等を指定することはできますか?
申し訳ございませんが、海外への発送は行っておりません。

運用(保守、故障時の対応など)

「代替機サービス」をつけると、故障機と同じ機種が届くのですか?
DRSの在庫から出荷可能なモデルを提供しますので、同じ機種とは限りません。なお、インストールされているソフトウェアはOSのみで、後日、故障機の修理が完了しましたら、修理完了機と入れ替えてご返却いただきます。
一方「予備機サービス」であれば、故障機と同じ機種をお届けでき、お客様のご要望に応じ個別設定作業を施した状態でお届けすることも可能です。また、代替機サービスとは異なり、使い始めた予備機をまた修理完了機と入れ替えるという二度手間もありません。
詳細は予備機代替機をご覧ください。
PCがウィルスに感染してしまったのですが、修理は可能ですか?
ソフトウェアに起因する障害に関しては、修理サービスをはじめとするDRSの各種サービスの対象外となります。
ただし別途、有償にてご対応可能な場合もございますので、ご相談ください。
PCが盗難にあったのですが、保守(各種運用サービス)でカバーできますか?
保守の対象にはなりませんが、レンタル物件に付保している動産総合保険の対象となります。
  • お客様には保険申請に必要な各種書類のご提出をお願いいたします。

処分(返却、データ消去など)

レンタル終了時の返却方法や返却費用はどうなっているのでしょうか?

返却方法は2つございます。
1)DRS指定業者が回収に伺う
お客様のご指定場所へ回収に伺います。梱包は伺った作業員が行いますので、お客様は結線を外してお渡しください。回収費用は、あらかじめレンタル料と合わせて頂戴する方法と、契約終了時にご精算いただく方法がございます。

2)お客様にて返却手配をしていただく
返却先住所をお知らせいたしますので、お客様のご負担にてご送付またはお持ち込みください。

PCを購入からレンタルに切り替えたいのですが、新旧PCの入替後、不要となった旧PCの処分もお願いできますか?
ある程度のまとまった台数の入替であれば、新PCのレンタル契約と合わせて、旧PCをDRSが下取りします。
下取りした旧PCに対してデータ消去を実施し、証明書も発行いたしますので、安心してお任せください。
なお、下取りの可否につきましては制約がございますので、詳細はDRS営業担当へご相談ください。
DRSが行っているデータ消去の方法を教えてください。
一般的に行われる「フォーマット」「削除(デリート)」などの操作では、当該データが保存されているハードディスクのインデックス部分のみが削除され、実は中身のデータは消えていません。ここでいうデータ消去とは、ハードディスク全域に無意味なデータを上書きすることにより、既存のデータすべてを読めなくしてしまう方法を指します。DRSの実施するデータ消去サービスは、米国国防総省でも実績のあるBlancco(ブランコ)社製のデータ消去ソフトを利用しており、ディスクのシリアル番号まで把握できる信頼性の高いサービスです。

IT資産管理

IT資産管理に関する質問は、IT資産管理のウェブサイトをご覧ください。

IT資産管理DREAMS よくあるご質問

page top