お問い合わせ・資料請求
コラム
2018.05.09 基礎知識

実はこんなにかかる、リース終了時のパソコン返却費用

リース物件は、リース会社の所有物ですので、契約が終了したら返却しなければなりません。パソコン(PC)のリースが終了したとき、意外とかかるのがこの費用です。どのくらいの金額になるのか、試算してみましょう。

リース終了時にお客様が負担する返却費用はどのくらい

リース契約では、物件を原状回復(げんじょうかいふく、リース開始時の元の状態に戻すこと)して返却するよう決められていますので、PCなら、リース期間中に保存したデータはすべて消去してから、リース会社の指定場所へ返却します。このデータ消去の作業にかかる費用や、指定場所への運送費が、お客様にかかる費用となります。

数百台、数千台単位でPCをリースしているような企業では、1台1台のデータ消去作業や梱包に作業時間や保管スペースがとられ、担当部門の負担はかなりのものになります。また、自社でこなせない場合は、作業を実施してくれる業者を探し、新たな予算確保、作業の発注、支払いという、手間や費用もかかりますので、リース契約の際には、終了時のことまで考えた業者選定をおすすめします。

例として、デスクトップPC100台(モニタセット)を返却する際の費用を考えてみると、

データ消去費用(専門業者にPCを送付してデータ消去する場合)

3,500円 × 100台 = 35万円
さらに、いったんデータ消去業者を経由しますので、運送費が倍かかります。
(お客様の拠点 → データ消去業者 → リース会社の指定場所)

運送費

梱包材込で2,500円 × 2個口 × 100セット = 50万円

チャーター便でまとめて運ぶ場合は、4tトラックチャーター15万円程度(東京都内の場合)
(チャーター便は、お客様の拠点から、指定場所までの距離により、費用が変動します。)

よって、上記のうち一番安く見積もっても、データ消去費用35万円 + チャーター便15万円 × 2回、トータルで65万円かかることになります。
また、すべての作業を終えてリース会社への返却が完了するまでに、かなりの日数がかかります。

DRSのリース・レンタルなら

返却までワンストップ

当社ディーアールエス(DRS)のリース・レンタル契約なら、物件の返却もDRSに依頼するだけ。作業員が回収に伺います。

月額レンタル料にすべてコミコミでコスト把握も!

さらにレンタル契約なら、返却の費用を、あらかじめ月額レンタル料に含めた形にすることができますので、コスト把握が容易となります。(DRSのレンタルは、1~5年の期間設定で、リースと変わりなく長期間ご利用いただけます。)

DRSのリース・レンタルに関するご不明点は、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求
page top